拷問被害者が語る 全国証言ツアー
チベットの現実
2002.11.1~12.1
参加いただいた方々から寄せられた感想などを紹介いたします

もくじ ■鎌倉講演(11/03)
■名古屋講演(11/09)
■広島講演(11/17)

【鎌倉講演】
日時:2002/11/03 14:00-15:30
場所:東慶寺 (JR北鎌倉駅近く)

 行ってきました

 昨日ガワン・ワンドゥンさんの証言ツアー初日、北鎌倉へ行ってきました。片道2時間半なので朝まで迷ってましたが、古寺の庫裏に集まった100人余と共に聞く彼女の淀みないチベット語は、まるでお説法のようでとても良かったです。
 ガワンさんの日本の感想、「お寺にたくさんの人が来ていて日本人は信心深い」(……日本人一同苦笑)

 笑顔が可愛いガワンさん、からだに気を付けてツアーを続けてください。

(山梨県 Hさん)

 とってもよい雰囲気でした

 鎌倉講演に行ってきました。とってもよい雰囲気でした。
 人数は75人くらいと言ってたような気が……。でも100人くらいいたかも。
 ガワンさんのスピーチは35分ほど。生い立ち~デモ参加&逮捕~獄中生活~友人の死~亡命~今後のこと、と、内容はとってもすっきりとまとまっていました。特に今後の抱負が力強く語られて、私が以前ダラムサラで聴いた時よりもコンパクトに&筋のしっかりしたものに洗練されていました。

(静岡県 Sさん)

 鎌倉、東慶寺での講演会レポート

 宗教に造詣が深い友人を連行して、東慶寺での講演会に行ってきました。
 東慶寺のどこだろう? ときょろきょろしながら歩いていくと案内の看板を発見。ほっとして中に入り、会場を見て座布団なので、「正座、大丈夫かしら」とちょっと不安になりました。
 しかし、アニ・ガワンラの姿が目に入ったらふっとび、「きゃー後光がさして見える(1年前から証言を読んで泣いてた私)」と小声でぶつぶつつぶやきながら、友人の強い勧めでなんと、最前列の中央! つまりガワンラの正面! オイ、私と彼女の共通項は年齢と性別くらいですよと特に意味のないことをつぶやきつつ、おとなしく座りました。どきどき、わくわく。白人系の、アムネスティ・スタッフとおぼしき女性が2,3名いらっしゃいましたが、その一人が私の右隣に小さな録音機を置かれました。雑音を立てないように気をつけようと思いましたが、私の小声のぶつぶつが、もしやすっかり入っているかも、と後で少し青ざめました。
 お話が始まりました。ウェブ・サイト上にある証言にはない情報(お父様がなくなられたときのことなど)もあり、正座は痛かったけど時間の経つのをほとんど感じずに聞くことができました。(もぞもぞしていたら、右隣のスタッフらしき女性が余っている座布団を足に押し込んでくれました・・・・恥かきっ子)
 例の友人は感心にも数珠を持参しており、会場に入ったときからずっと数珠と手を祈りの形に組んでいました。
 お話が終わり、質問タイムに。「東慶寺をどう思われましたか?」と聞いたのは私です。「こんな他愛のない質問いいのかなー」としぶっていたら、友人に腕をつかまれて挙手させられました。結果感謝です。(笑)ガワンラに一生懸命「かけこみ寺」の説明をされた高橋さん、ご苦労さまです。m(_ _)m
 質疑も終わって、帰り始めた人も多かったとき、私はガワンラへのお土産を手に提げて緊張してなかなか近寄れず、うろうろうろうろ。見ず知らずの俗人が勝手に話しかけていいものかわからず(大学にタイの開発僧がいらしたとき、女性はDon't touch だったこともあり)高橋さんに渡してもいいものかとおどおどと伺いましたらば、問題なしとのことで、ようやく安心。友人はその間に、会場近くの和菓子やさんで入手した「和三盆」をガワンラに進呈していました。
 正面に立って、彼女の小柄さに初めて気がつきました。この小さい身体が受けてきたことをずしんと感じ、彼女が拷問を受けていたのとほぼ同じ時期の3年間を平和に高校生していた自分は一体何が言えるだろうか、と一瞬固まっていましたらば、ガワンラの方から笑顔で英語で話しかけてくれました。
 ああ、この笑顔だと目の前にあることを幸福に感じました。アムネスティニュースレターのバックナンバーで見た、2000年の拷問廃止キャンペーンのガデンさんたちの笑顔と同質の笑顔でした。「拷問被害者の人だ、どんな顔で写ってるんだろう」と内心慄きながら図書館の奥で探し出した2000年のアムネスティニュース、そこで私が見たのは文字通り、予想を180度覆す笑顔でした。
 彼らの笑顔を見たときから、彼らの証言を読んだときから、彼らの存在を知ったときから、私の心はずっと彼らに救われてきました。人間は、もしかしたらここにいてもいいのかもしれない。こんな人間も実在するのならば。
 ボロブドゥールやプランバナン(ボロブと同時代にできた非常に美しいヒンドゥー寺院)に行ったときに入手した写真集などをガワンラに進呈。会えて本当にうれしかったです。
 グチュスムの、「オンマニペメフム」が書かれたシルバーのペンダントトップを買いました。オンマニペメフム。慈悲の祈りです。これが、すべての存在の心に響きますように。

(桂木紗枝さん)

【名古屋講演】
日時:2002/11/09 18:30~20:45
場所:愛知県中小企業センター7F(名古屋駅より徒歩5分)

 会場にいたすべての人が、驚き、感動したのではないかと思います

 11月9日(土)、名古屋の証言会に友人2人を連れて行って来ました。
 天候は雨。
 久しぶりに会うガワンラに、なんて言葉をかけようか・・・と思いながら会場に入ると・・・はずかしながら目が合うと同時に抱き合ってました。友人もそして周りの人達もひいてました。

 会場に集まった人達は想像していたよりもすくなかったです。証言会が始まる頃、参加者は25人程でしたが、話が中盤に差し掛かった頃には35人になっていました。(今回の証言会については、主催者である”アムネスティーわや”の方々が、新聞社各社・名古屋市広報部等に宣伝活動をしたにもかかわらず、新聞にも掲載されず、広報でも取り上げられなかったようです。)
 自分の言葉で力強く話をする彼女を見て、彼女の想いの強さや意思の強さを感じました。会場にいる皆が、彼女の言葉を聞き逃すまいといった感じで、どの人も真剣な顔でした。仕事がえりに来てくれた友人は「寝てしまうかも・・・」と言っていましたが、寝る間もなかったようです。

 質疑応答では、様々な質問がありました。
 ――チベットも日本もブッディストの国ですが、来てみてどう感じましたか?
 『日本には沢山のお寺があるけれど、お参りの人も少なそうだし、日本のお坊さんたちはあまり勉強していないような気がする。(もしかして、わたしのことかい?※)チベットはどのお寺もお参りの人が沢山いるし、お坊さんも私のような尼僧も、毎日かかさず勉強している。日本のブッディストは元気がない。』

 そして、中でも一番記憶に残っているのは
 ――非暴力で訴えているチベットの人達に対して暴力で抑える中国人の事を貴方は憎く思いますか?
という質問。
 そんな質問に対して、彼女は素晴らしい答えをしてくれました。
 『私は、中国の人達を憎んではいません。私は、中国の法律や思想を憎みます。人間に罪はありません。法律や思想が人をつくり、人を動かします。だから、私は中国の法律や思想が、もっと平和的なものに変わると良いと思います。」

 質問をした女性は、目を涙で潤ませていました。
 きっと、会場にいたすべての人が、彼女のこの答えに驚き、感動したのではないかとおもいます。

 まだまだ続くツアーを元気でこなしてほしいです。

(岐阜県 Tさん)

 ※Tさんひとりでツッコミを入れてますが、そんなワケないと思います(^^;) (fromうらるんた)

【広島講演】
日時:2002/11/17 18:00~20:00
場所:アステールプラザ 大会議室
会場でのアンケートに記入していただいた感想です。ありがとうございました

 これから何か……。
 世界にはまだまださまざまな許すことのできない罪のない人がひどい目に合っていることが多いし、私の想像をはるかに超えたことばかりなのでびっくりすると同時に信じられません。これから何かできたらと……

(広島県 Nさん)

 会場が狭かった
 会場が少し狭かったので、次はもう少し広い場所で開催されるといいと思います。チベットの方の貴重なお話が聞けてとてもよかったです。自分にも何かできればよいなと思いました。

(広島県 Yさん)

 もっと聞きたいことがあった
 質疑応答の時間がもっと長かったらよかった。

(無記名)

 よいきっかけになりました
 私の知らなかったことを本当にたくさん知ることができましたし、「人権」に対して実際に行動をしている人がいることが分かり、自分にとって「人権」を考えるよいきっかけになりました。ありがとうございました。

(無記名)

 バッグを
 買った品物を持って帰るための有料バッグを用意してください。

(住所無記載 Kさん)

 *有料でもいいんですか? でしたら次回は「ルンタ」のイラストつきペーパーバッグを150円くらいで準備します…! (fromうらるんた)

 関心の高さを感じた
 最初のビデオの意味があいまい。字幕が読みづらかった。報告会は良かった。意外にたくさんの人が集まっており、チベットへの関心が高いと感じた。

(無記名)

 わかりやすかった
 今もチベットの多くの方が弾圧を受けていることにびっくりしています。実体験を話していただき、具体的に中国政府がどんなにひどいことをしているかよく分かり、よかったと思います。また、ビデオを使われたことも、私にはわかりやすかったです。

(無記名)

 ガワンさんの快復を
 ビデオで実際の映像が見れて、人の説明と映像が一緒だったので、分かりやすかった。中国からあんな拷問を受けてかわいそうだった。日本の病院で治療を受けて、快復してほしい。

(無記名)

 チベットの人たちの精神力を尊敬
 チベットに関して全然知らなかったこと、特に監獄のことなどびっくりしました。未成年にも大人と同じ拷問が行われていることにも驚きました。また、それに耐えている人々の精神力というか、強い心を持っていると感じました。宗教の力なのかわからないけれど、自分なら、少なくとも10代の間は同じように耐え、また反発することはできないと思い、改めて、強い精神力を持っているという点でチベットの人々を尊敬します。

(無記名)

 参考になりました
 ビデオ分かりやすかったです。ガワンさん、お体に気をつけてください。用意されていた資料が詳しく、参考になりました。

(広島県 Tさん)

 力強い言葉が印象的
 チベットがこのような状況にあることを初めて知りました。イベントにより、多くの方に知っていただくということで、よい機会でした。ガワンさんの力強い言葉が印象的で、大変な体験をされているにもかかわらず、中国人をうらんでいないということばも印象に残りました。これから勉強していかないといけない、と思いました。

(無記名)

 良い機会でした
 正直、この問題にはまったくといっていいほど無知でしたが、今日、真実の一部を知ることができました。良い機会でした。

(無記名)

 毎年開催を
 初めてチベットの抑圧の体験者の話を聞いたのでショックを受けました。本を読むことはあっても、直接体験を聞く機会は少ないので、これからも毎年続けてほしいと思いました。

(岡山県 Sさん)

 *ま、毎年ですか!?  (fromうらるんた)

 混乱しています
 大変良かったです。が、あまりにショッキングで混乱しています。これを気に関心を持ちます。

(広島県 Nさん)

 モンゴル、ウイグルにも関心を
 私には想像もできない体験をされています。もし日本が中国の人民解放軍に進駐されたなら、同じ行動を起こすと思います。体に気をつけて長生きをし、チベット独立のための運動を続けてください。チベットだけでなく、ウイグル自治区や内モンゴル自治区も独立を願っていることを知ってほしいと願っている。

(無記名)

 *ありがとうございます。内モンゴル自治区、ウイグル自治区は国境をへだててモンゴル、キルギスやカザフスタンなど、民族や宗教など文化的背景を同一にする独立国家(しかもかなり大きい)があるという点でチベットと異なり、またそのために問題が複雑になっている部分があるかもしれないと思っています。実際に中国領内で最も独立運動が過激なのはイスラム圏(特にウイグル)で、報道はされませんが小規模な爆弾事件などが散発的に発生しており、比例して弾圧や監視も厳しいものになっていると聞いています。チベットだけで起きていることではない、と強く思います。ただ……個人的に意見を言うと、テロにはやっぱり反対。暴力を手段とすることによって生じる結果が良くなることはなにひとつないと思います。 (fromうらるんた)

 もっとイベントをしてください
 こういうイベントをもっと多くやっていったら、みんな考えるだろうし、何か変わるんじゃないかと思いました。

(広島県 Tさん)

 もっと現状を知りたいと思います
 以前、映画を見てチベットという地区の存在を初めて知りました。映画の中でも中国による侵略(建物が壊されたり、人々が殺されたり)の様子が描かれており、なぜこんな目に合わなければならないのか、疑問にさえ思うほど、中国のしていることの意味がわかりませんでした。
 その後、ダライ・ラマのことやチベットについて、もっと現状を知りたくなりました。まだまだ勉強不足で、知らないことがたくさんです。今日のお話も、本当にショックを受けました。政治的なことなどで、中国にしてみれば、悪いことをしているという意識ではないのかもしれませんし、私の考えるよりももっともっと深い問題がたくさんあるのだと思います。誰が悪い、とかでなく、今日、今のチベットの状況を聞くことができたことで、次は自分のできることを考えていきたいと思います。なにより、ガワンさんの体がよくなったらいいな、と思います。ありがとうございました。

(広島県 Tさん)

 地球の一員として
 チベットのあまりにひどい現実に、予想をしていたものの、ショックを受けた。地球の一員として、また、チベットにひかれる者として、何ができるのか、考え、受け止めて、これから生きてゆきたいと思う。 

(無記名)

 再建目指してがんばって
 チベットの現状が分かりました。再建目指してがんばっていただきたい。微力ながら応援したいと思います。

(無記名)

 要望
 (1) html勉強してページ作ってGoogleに登録してくださいね。
 (2) mailのメイリング・リストを作って配信してください。

(広島県 Kさん)

 *htmlはまだまだ勉強不足ですが、一応サイト運営してるんですが……。一応「ルンタ・プロジェクト」「ルンタ」「チベット難民支援」などのキーワードでGoogleで検索しても、最初のページに出てくる、と思います(たぶん)。メーリングリストもやってます……。このへんを参照してください。80人くらい参加のMLです。匿名参加は認めていませんので参加希望者はうらるんたまでメールを下されば登録します。  (fromうらるんた)

 もうすこし工夫も
 単調で少しつかれました。文化紹介的なこと(歌とか……?)を盛り込めばよいのでは…。絵や写真を使っても良いと思います。遊び的要素が多くなりすぎない程度に、こういう方法は良いと思います。

(広島県 Hさん)

 衝撃的でした
 衝撃的だった。拷問など人権侵害は許せることではないので、協力して解決できるようにしていきたい。

(広島県 Mさん)





証言ツアー特集の扉へ