2006年3月11日チベットピースマーチ開催レポート

チベットピースマーチ2006報告
 2006年3月11日土曜日、恒例となったチベット民族蜂起記念ピースマーチが、東京都新宿区2の新宿公園を起点に開催されました。
 前日の雨も上がり青空の広がった好天の下、チベットに関心を持つ日本人や日本国内で生活するチベット人ら計約150人が参加。「チベットに自由を」と訴えました。
 国内のチベット支援グループの連絡組織「チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)」が主催。
 例年、開催地となっていた渋谷区の公園の改修工事に伴い新宿に場所を移しての開催で、PR不足が懸念されていましたが、開始時間の午後1時半には、昨年の2倍近い約150人が集合しました。チベット人、日本人とも目立ったのは20代、30代の若い人たち。チベットの民族衣装チュバやチベットサッカーチームのユニホームを身に着けた人など、さまざまなアピールが目を引いていました。
 公園ではまず、「Do Ngak Sung Juk(ド・ガク・スン・ジュク)」から、前日の3月10日にダライラマ14世から発表された声明文の日本語翻訳朗読がありました。
 「すべてのチベット人のため、すなわちチベット民族全体のため、チベット人自らが統治する真の意味での自治を認めてほしい」「チベットの古い格言にあるように『片手だけで拍手はできない』のです」。
 対話の重要性と平和的解決を求める声明に、参加者は真剣に耳を傾けていました。
 続いて、「チベット問題を考える議員連盟」(代表、枝野幸男衆院議員)世話人で前民主党衆院議員の牧野聖修氏があいさつ。  「日本の国会で、所属党派を超え170人が『チベット問題を考える議員連盟』に加わっている。それは何より、世界でテロが相次ぎ、暴力の連鎖が起きる中、ダライラマ法王が非暴力と対話で問題を解決しようとしている姿勢に打たれるから」「世界各地で、チベット問題を憂え、欲得を離れてサポートが広がっている。例えば日本政府がODAをチベット政府に支出するくらいのことをしてもよいはず。ピースマーチをきっかけに、さらなる責任ある行動を広げ、チベットと中国が本当の対話のテーブルにつくよう働きかけてていきたい」。  政治家としてチベット問題にかかわってきた人ならではの力強い言葉に、参加者から大きな賛同の拍手が送られていました。
 また、「チベットサポートグループ KIKU」からは、中国政府により拘束されたとみられ消息不明になっているパンチェンラマ11世、ゲンドゥン・チューキ・ニマ少年の釈放と自由を求めるため、シンボルカラーの黄色を身につける「パンチェンラマ11世救出キャンペーン」の説明と呼びかけもありました。
 ◇パンチェンラマ11世救出キャンペーンはこちら
新宿公園には目印にチベット式テントも登場。天気もよく、リンカ(ピクニック)ムードたっぷり? 日本生まれのチベット人の子どもたち。彼らが大人になるまでにチベット問題が解決していることを願わずにはいられない
 この後、参加者は大小のチベット国旗やニマ少年の釈放を求めるプラカードなどを手に公園を出発(ルートは左の図のとおり)。
 「チベットに自由と人権を!」「教育、宗教の自由を!」――と、日本語・英語・チベット語で声を合わせ、昇降客でにぎわうJR新宿駅の南口前を通り、東京都庁前の新宿中央公園までの約1キロを、30分ほどかけてパレードしました。
チベットサッカーチームの公式ユニホーム! 新宿のビル街に翻る雪山獅子旗(チベット国旗)
 この日、ハンドマイクで3カ国語でのアピールを担当していただいたのは、ネパール生まれのチベット難民2世の女性で、都内で保健福祉士の学校に通う留学生です。
 幼い時に両親を亡くして兄と2人きりで育ち、インド国軍に就職した兄の助力でTCV(チベット子ども村=難民学校)を卒業、日本への留学が実現したそうです。TSNJが主催するピースマーチで、これまでハプニング的にマイクを持っていただくことはありましたが、チベットの方自身に正式にアピールを担当していただいたのは初めてです。
 終了後、牧野氏は「チベット人の『チベットに自由を』という真剣な心からの叫びに、最後は涙が出そうになった」と感想を話していました。
東京の目抜き通り、新宿通りの交差点を横切るマーチ。ちょっと快感? JR新宿駅南口前を通過。道行く人たちも注目
 また、マーチ参加者の中にはチベット本土出身の若い男性もいました。
 中国語で教育を受け、北京の大学を卒業後、来日し、今回初めてピースマーチに参加したそうです。はからずも、1959年のラサ蜂起後、国境の南北に引き裂かれて生まれ、成長したチベット人の若い世代が、肩を並べて自由を訴える形になりました。マーチ参加者の中でもひときわ大きな声を上げていた男性は「多くの日本人がチベットを支援していると知り、参加してよかったです」と話していました。
 日本国内にはチベット本土からのチベット人も数多く生活しています。でも、彼らはピースマーチに参加できません。
 中国国籍、中国パスポートで生活するチベット人は、日本政府がチベット問題を“中国の国内問題”と扱い、チベット人の政治亡命を認めたケースがないために、チベット本土の家族の安全や帰郷後の身の危険を懸念せざるを得ず、「自由な国」であるはずの日本国内でさえ、行動を自粛しているのが実態なのです。本土出身の男性にとって、今回マーチに参加したこと自体が、一般の日本人参加者や他のチベット人とは違う重みを持った決断だった――それも、チベットの現実のひとつです。
 そして、ことチベット問題に関しては、外国人の立場だからこそ、チベット本土へも亡命政府側へも行き、現実を見て、人権の保障された場所で声を上げることができるのです。この日参加した日本人は、そんな気持ちを新たにしたのではないでしょうか。
チベット人自身の訴えを聞いてください チベット国旗が壮観
 今回、ピースマーチがコースとした新宿は、好天の土曜日とあって人出も多く、鮮やかなチベット国旗に足を止める人が続出。
 すれ違う人たちからは「あっ、チベット。俺知ってる」「ダライラマの人たちだよね」などの会話も聞こえ、かなりの人が興味を持った様子でチラシを受け取っていました。
道行く人にアピール 都庁に見下ろされ。都知事にもアピール?

 ピースマーチ終了後、解散点となった新宿中央公園内の「エコギャラリー新宿」で、TSNJ主催の参加者交流会が開かれました。
 昨年に続き2年連続の開催で、約70人が参加して盛況でした。
 今回は、今年は西暦2月28日にあたったロサル(チベット新年)をテーマにチベット文化を知る試みも盛り込まれ、参加者は乾杯の代わりにチベット語で新年の挨拶を唱和。牧野氏、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の広報担当官に続き、世代や経験の異なるチベット人4人がそれぞれの体験を語りました。最後は、チベットの民族楽器ダムニェンの演奏に合わせ、全員がチベットの踊りに挑戦して親睦を深め、終了しました。
チベットの民族楽器ダムニェンの伴奏でチベットの民謡「アマレホ」 チベット人たちの華麗なステップ!
お疲れさまでした!