うらるんた製作日記
2003年05月


2003.05.01 引っ越しました

 昨日引っ越しで今日仕事始め。GWがこんな暦でなければもうちょっとゆとりを持って引っ越しができたのかも……(いや、結局ぎりぎりまで準備できず何も変わらないか)。
 運び込んだ荷物は「とりあえず」といいたげに積み上げられております。片付けは長期戦を覚悟しました。新しい職場でやや気疲れ気味です。ふー。 

2003.05.05 不肖の娘でごめんなさい

 連休を利用して実家の両親が様子を見に来た。荷物が多すぎる! どこに置くんだこんなに! と怒られる。「ゆっくり片付けるから」「そのうちやるから」と言っても聞いてもらえず(やっぱだめだろうな)、片端から荷物を開けられる。

 「なにコレ!」(絶叫)
 「それはチベットのお正月の時に玄関に飾る箱!」
 「なんか子どもの工作みたいな彫り物がついてるじゃないの!」
 「おめでたい模様が彫ってあるんだよ!」
 「どこに置くのこんなもの! 捨てなさい!」
 「要るよ!」

 「この重いのはなんだ?」
 「それテント入ってるの」
 「テント? 山に登るのか?」
 「山じゃなくてチベットのピクニック用の特別なテントなの」
 「つかわねぇだろ」
 「使わなくても要るの!」

 「なんだこの服!」
 「チュパっていってチベットの服だよ」
 「流行おくれだろ、もう」
 「だから民族衣装なんだって! ラサでは皆着てるよ!」
 「だいたいなんでそんなのばっかなんだ? スーツなんか掛かってねぇじゃねぇか」
 「だってスーツ着ないもん」
 「じゃあこのヘンな服着てんのか?」
 「……」

 いいんだ、いつかお金持ちになってもっと広い家に……(>負け惜しみ) 

2003.05.08 ADSL化

 自宅回線ADSL化。
 とはいえ、自宅滞在時間は滋賀県時代よりだいぶ減ってるので、ムダなお金を使っている気がしなくもありません。……ま、いいか。

2003.05.09(金) ひさびさにチベ話

 地元在住の旧知のチベ仲間さんに誘ってもらって中華料理。
 黒龍江省出身のかわいいお姉さん。水餃子、醤爆鶏丁、什錦炒菜。おいしかったです。ちょっと遠いけどまた行こう。

 地元話でスパーク。どんな地元話かというと↓
 「矢島保治郎って前橋出身だったんですよ」
 「へえっ」
 「あと、河口慧海の弟さんが宇都宮の寺の住職をしていたとか」
 「へえっ、知りませんでした」
ふははは、濃くてなによりです。楽しかった。

 まだ引っ越しして10日足らずってのもあるんですが、転勤と引っ越し疲れでやや引きこもり気味です。まだ知り合いもいないし、遠出する気にもならず、連日、職場と自宅を往復するだけの2㎞圏内の生活(車要らんやん)。そろそろ元気出していかないとなー。



トップへ戻る 製作日記のトップへ