1999年06月
 1ページが長くなったので、過去の日記を別のファイルにしてみました。読みやすさの点ではまだ改良の余地はあるかな~。今後、1カ月ずつこんなふうにしていこうと思うんですけが、……これは「カット&ペースト」で別のファイルに手作業で移してまったく新しいページを作ったんですけど、毎月こんなことしなきゃいけないのかと思うとちょっとうんざりしたりして(わはは)。他の人は日記ってどうやってまとめているんだろう。何かいいアイデアあったら教えてください(と他力本願なわたし)。
        ◇    ◇   ◇   ◇
「裏るんた製作日記」は当初、「What's NEW」のページに書かれていました。だんだん長くなってきて、あまりにもだらだらしてきたので、7月に入ってから「裏るんた日記」のページにお引越ししていました。最初のほうが意識して箇条書きみたいになっているのはそのためです。

■1999.6.24 「裏るんた」のホームページがオープン!!
  裏るんた製作日記、スタート!!!  
  20日のイベントの報告をするために、試験的にホームページを作ってみました。
 当然、1日中、仕事にならない状態。(普段ウェブで見ている)あのホームページのああいうのはどうやって作っているんだろう、と改めて思いますねえー。やっぱワープロのようにはいかないよう。これは一応「ホームページビルダー」のなかのサンプルに手を加えてやってみてるんだけど、そのために最初からできあがってるページの数が多くて、自分の首をしめているというか、自縄自縛状態。あちこちクリックしても全部空っぽじゃないか! と思われている方、すいません。まぁしかし、だからきっとリンクその他は問題ないんだろうけど,このあと、自分1人でページを増やしていけるんだろうか??  とっても不安。(んで、この後きちんとアップできるかどうか、もね。)
■1999.6.25 さっそくはまった(ような気が)、、、 
 アップを3回やり直す。自分のブラウザ(IE4)では写真が見えるようになったけど、他の人はどうなんだろう。
 20日のイベント報告の、ユミ・ツェワンさんのところに、ユミさんのホームページへリンクできるよう「こちらへ」を追加。その他、ちょこちょこと文章も手直し。見てるとつい直したくなっちゃうんだけど、そうやってこまめに手を入れてアップするたびに全部のデータが送られてホームページの容量を無駄にしている,なんてことはないよね?(済みません、素人なもんで)←こうしてつぶやいていたら誰か教えてくれたりしないもんだろうか(と他力本願な私)。

 せっかく作ったのだから、と、長田さんの「I Love TIBET」ホームページの掲示板に宣伝を書き込み、その後、知り合い関係にBCCでメールをばらまきました。
■99.6.26 友情に感謝する
 BCCメールを送って1時間もしないうちに、北京留学時代の同学(とんしゅえ)から「目次を付けるには『ブックマーク』を使うといいよ」とアドバイス。しかも、添付ファイルで、私のページに手を入れてくださったもの(HTMLファイルっていうのかな、開くとそのままインターネットみたいに見える)がまるごと送られてきた。すごい~。ありがたい(感涙)。

 ……もしかしてこれって、このファイルをこのままアップしたら目次付きのページとして更新される、ということなんだろうか。
 ……すると、例えば私が今いじってるホームページ作成ソフトの1ページ分をまるごとコピーして添付ファイルにして、インドのルンタ友人に送れば、彼女が“ルンタ・プロジェクトのホームページ”の一部としてアップすることも可能なんでしょうか? ――なんだか怖い考えが浮かびそう(仕事が増えちゃいそう)だし、考えるのやめとこう。

 その他、表紙の上のほう(クリックしてすぐ出てくる部分)にリンクを作りたいとか、思いつくことはいろいろあるのですが、泊まり勤務明けで疲労困憊していて気力なし。明日のイベント、果たしてどうなるのでしょうか、、、、、
■99.6.28 カウンター設置。掲示板もできた
 27日のイベントは25人参加で、「チベットのボン教文化について」という濃ゆい話で盛りあがりました。一般的な話題とつなぐ役のはずの私がマニアックな方向に大暴走してましたが……(すみません)。自分なりに補足して報告のページを作りたいと思ってます。特に、「ルンタ」の持つ意味についてレクチャーを受けられたことはすっごく勉強になりました。

それから「カウンターは簡単に付くよ」とちょんひょんにアドバイスをもらって(みんな忙しいのにすごく親切に教えてくれてありがとう~)、いそいそと作業。これが「ソースにhtmlコマンドを直接書きこむ」(日本語違ってたらすみません)ことが必要で,けっこう難儀だったんだってば。「img cgi=http:……」みたいな文字列が画面に出て来てしまったりとか、意味不明にリンクしちゃって「・」をクリックするとカウンターに飛ぶ作りになっちゃったりとか(どんなトップページだ。ブラウザで確認した時は、なんじゃこりゃ、と我ながらウケてしまった>自分でやったことだとゆーのに)。
 やはり「先達はあらまほしきことなり」っすね。ついでにレンタル掲示板も見付けて、調子に乗って作ってしまいました。本文がなくてオプションばかり充実してきてる気がしてちょっとなんだかな、だけど。あーなんか「更新記録」なんだか「裏るんた日記」なんだか判然としない。どうしたものか……。

 ホームページいじり以外にやったことといえば、「スプリガン」全11巻の一気読みと仕事と経費清算。サボっていた分の仕事がたてこんで「飄漂舎」には行けずじまいでした(すみません)。なんでいまスプリガンなのかって言われても困りますが、「GEO」の97年3月号を探していて、GEOを持っている人から一緒に借りたのでした。

 「きっとチベット古代遺跡とかも出てくるに違いない」とチベット裏モノ的にちょっと期待しながら(^^;)読んだんですが、出てきませんでした(残念)。中国政府からグゲ遺跡を守り埋蔵経典を破壊するスプリガン! なんてかっこいいと思うのになぁ(わははは、濃すぎ?)。「ヒマラヤ山脈か……」とゆーセリフがあって、そこの「村人」ってのも出てくるのに、チベット人じゃくてアフガニスタンゲリラのような描写(; ;)。
 でもま、チベット人が出てくるコミック(3×3Eyesとか? ……古いな私も)があっても、それはそれでけちをつけたくなるに違いないんですけど(あれはサニ族の衣装だ、とか? ……可愛いからいいけど)。んー、しょうもないこと書いてると、このページもどんどん長くなりそうだなあ。なにか考えねば。
■99.6.29 雑用山積
 豪雨。仕事の合間を見て27日の写真を現像しました。自分のカメラを持っていったので自分が写ってないことにいまさら気付く。
 せっかくチュパ(というか正確にはプメーですか←27日のカルチャートークで知った)着てコスプレしたのになぁ、残念。天気が悪いと部屋もじめじめするし、決壊した道路の写真を撮りに行かされたりしていいことあんまりない。あとは、展示会に資料を送っていただいた人達にお礼状を準備しなきゃ、とか、滋賀県のNPOデータベースの更新依頼にまだ返事を出していなかったことに気付いたりとか、雑用をいろいろ思い出す。この1週間の間にも数通、口座への振込みがあったので領収書きらなきゃとか、今年4月以降の「ルンタ」会員に「ルンタ通信3号」(公式のほう)送らなきゃとか、考え出すときりがないや。もう。
■99.6.30 ホームページは繁盛するか
 書店で、別冊宝島「ホームページ繁盛の法則」と「VOW11」を衝動買い。「繁盛の法則」は「いや、こんなものを今買ったらあまりにもベタだ~」と思いつつ、立ち読みしてたら止められなくなったので買っちゃった。反省。
 でも、すこし前まで本屋に並ぶ本は「お勧めサイト50選」みたいなタイトルだったことを思うと、乗せられて買ってしまった私も含め、インターネットサイトを「見る」時代から「立ち上げる」時代になってるということなんだろうなー(自嘲)。内容はホームページで儲けている(通販や広告など)人の紹介がメーンなんだけど、それより「素人がゼロからホームページを立ち上げて儲けられるか」を競う企画に笑った。「FTP?」と固まる人(それ私じゃーん)とか、テキストの打ち込みだけやって後の加工は旦那と友人にまかせ、隣で握り寿司を準備して声援を送る人(うらやましいけどなんで握り寿司^^)とか、後で「すごいよな、ページ全体が左寄せで」とか言われちゃってる人とか。

 本を読むのが好きな人が減って書きたい人だけ増えているため(?)に「読ませる本」じゃなくて「書きたい人向けの本」が目立つようになったなーとか、自費出版とか共同企画出版の広告ばかりが目立つよなーとか、そういう印象を受けることが多いんですが、そうゆうのと同じ延長線上にあるのかもしれん、と思ったのでした。

過去日記の扉へ 最新の日記へ